大規模修繕で物件の価値アップ〜魔法のような工事テク〜

アパート

故障に対応

集合住宅

自動ドアが故障した時は修理してもらうことが大切です。修理の際は故障した原因を見つけてもらうといいでしょう、物が挟まり、自動ドアが故障することもあるため気をつけましょう。

Read More

修繕の工程を確かめよう

工事

マンションを管理する企業にとって、物件の耐久性は気になるところです。耐久性だけでなく、物件に劣化が起こると、そこに入居を希望する人が少なくなり、空き室リスクにもつながります。空き室リスクを回避するためにも、マンション管理会社は大規模修繕を行うことが大切です。大規模修繕工事とは、外壁工事や、防水工事、内装工事など、マンションの大規模を一度に修繕する工事です。そのため、マンションの劣化をある程度防ぐことが可能です。ただ、大規模修繕工事は毎年行わないといけないと決まっているわけではないため、どのような業者に依頼していいのか依頼した後、どのように工事を始めるのか分からないという企業も少なくありません。

まず、工事を行う際は、業者に問い合わせる必要があります。業者に問い合わせて、大規模修繕の依頼をするといいでしょう。外壁塗装の破損が気になる時や、内装に劣化が目立つという時は、業者に伝えておくことが大切です。業者に依頼すると、現場に業者が来て、そのマンションの現状を確かめます。その際に、どのように工事をしたいのか詳しく伝え、見積もりを計算してもらうことが大切です。業者によっては建物の現状が分かる報告書が提出されるところもあるため、よく読んでおきましょう。見積もりに納得できたら、工事に取り掛かります。大規模修繕工事の内容により、工事の期間は変わってくるため、見積もりを計算する際に問い合わせておきましょう。大規模修繕工事は近隣に迷惑になることもあります。業者によっては、近隣に工事の許可をもらってから工事に取り掛かるため、気をつけておきましょう。

火災に対応した点検

マンション

火災が起こった際に対応するために防火対象物点検を行う必要があります。防火対象物点検では避難口の確保や、避難訓練が行われているかも確かめます。防火対象物点検ではどのようなことが点検されるかを把握しましょう。

Read More

舗装する

スタッフ

駐車場の舗装は来客の多いオフィスには必要になってくるため、業者に頼み舗装してもらいましょう。舗装することに車が停めやすくなります。舗装することで駐車場の大きさを変えることも可能です。

Read More